メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国給食甲子園 タマネギ主役、2部門入賞 札幌伏見支援学校もなみ学園分校 /北海道

札幌伏見支援学校もなみ学園分校が受賞した給食の献立=全国学校給食甲子園事務局提供

道内産16品目、食育分かりやすく

 給食の献立を通して学校の食育日本一を決める「第15回全国学校給食甲子園」(NPO法人21世紀構想研究会主催)の決勝大会が5日あり、初出場の北海道札幌伏見支援学校もなみ学園分校(札幌市)が代表12校で競った2部門でともに入賞した。受賞した献立は、札幌特産のタマネギを主役にした栄養満点のメニューだ。【高橋由衣】

 知的障害のある児童生徒約85人が通う同校は、地域の料理や食材を学ぶ食育に力を入れている。毎日の献立を考えるのは栄養教諭の大橋望さん。感覚が過敏な子どもも多いため、栄養バランスだけでなく、料理の立体感や彩り、何が入っているか分かるようにも気を使っている。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 維新、衆院「沖縄北方」など特別委の整理要求 無駄削減で改革姿勢アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです