奨学金返済免除へ 市内居住、就労など条件 結城市 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 結城市は、市から奨学金の貸し付けを受けた学生が卒業後市内に住んで市内で就労するなどした場合、返済を全額免除する新たな制度を設けることを発表した。免除額は最大100万円。定住人口を増やすためで、関係条例の改正案を9日開会の市議会定例会に提案する。

 対象は2021年4月以降に入学する、大学、短大、高卒以上対象の専門学校(高等専門学校は除く)の、経済的に就学困難な学生。年額25万円で、…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

注目の特集