「生」に願い込めて オブジェの再生作業 宝塚・武庫川 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石を積み直して「生」の文字を再現する参加者=兵庫県宝塚市の武庫川の中州で2020年12月5日午前9時50分、土居和弘撮影
石を積み直して「生」の文字を再現する参加者=兵庫県宝塚市の武庫川の中州で2020年12月5日午前9時50分、土居和弘撮影

 宝塚市の中心市街地を流れる武庫川の中州で5日、11代目の「生(せい)」の石積みオブジェの制作が始まった。阪神大震災(1995年)の被災地の再生と記憶の継承などを願って、川が増水して流されるたびに、市民らが「再生」させてきた。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、参加者は早期の終息も祈りながら石を積んだ。作業は6日もある。

 オブジェの初代は2005年、現代美術家で市民団体「記憶の中の『生』再現プロジェクト」の大野良平代表(61)が制作。その後、毎年の夏と冬に、流失したり崩壊したりしたオブジェの造り直しや修復が行われてきた。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文676文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集