連載

リポート2020

毎日新聞デジタルの「リポート2020」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

リポート2020

国産アボカドに商機 輸入物頼りも国内出荷量急増 背景に地球温暖化影響 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
実ったアボカドを手にする浜田祐一朗さん=鹿児島県南大隅町で2020年11月14日、足立旬子撮影
実ったアボカドを手にする浜田祐一朗さん=鹿児島県南大隅町で2020年11月14日、足立旬子撮影

 美容や健康に良い果物と言われるアボカド。栄養価が高く「森のバター」と呼ばれ、濃厚でクリーミーな味わいで人気がある。中米原産で輸入物に頼ってきたが、最近は国産も広がりを見せ始めている。熱帯・亜熱帯の果物がなぜ、国内でも栽培されるようになったのか。鹿児島県で生産現場を訪ねた。【足立旬子】

「産地直送」の安心感PR 南大隅

 九州本土の最南端に位置する鹿児島県南大隅町(みなみおおすみちょう)。11月中旬、ビニールハウスの内の木の枝先に青々としたアボカドが実っていた。洋梨のような形でスーパーで見かける外国産の倍くらいの大きさだ。生産者の浜田祐一朗さん(53)は「ピンカートンという品種で、大きいものは重さ500グラムまで育つ。トロッとしておいしいですよ」と笑顔で話した。

 浜田さんは会社員から農家に転身し、2012年にミカン畑だった土地を借りて6アールでアボカドの露地栽培を始めた。17年に初出荷し、今では無加温のハウス栽培にも取り組んでいる。「この辺りは年間を通して霜が降りないので露地で栽培できる。ミカンより手間がかからず、高く売れる。サルに食べられないのもいい」。南大隅町では現在、34戸が330アールで栽培する。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1110文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集