連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

ロマンスカー(小田急電鉄) 箱根の魅力アピール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京と神奈川を中心に鉄道や不動産事業を営む小田急電鉄。1923年の設立当時の社名は「小田原急行鉄道」で、27年に最初に開業した路線が小田原線(新宿―小田原間)だった。

 電力会社「鬼怒川水力電気」の社長を務めた利光鶴松氏が、東京郊外の交通網の充実や電力の安定的な需要確保のために設立。戦時中に、小田急を含む東京西南部の私鉄が東京急行電鉄に統合されたが、48年6月に東急から分離独立し、新生・小田急になった。

 57年には同社の代名詞とも言える「ロマンスカー」の特急型車両が運行を始めた。当時、映画館などで流行していた2人掛けのソファ式座席「ロマンスシート」から名づけた。60年には電車、ケーブルカー、ロープウエーなどを乗り継いで箱根の観光地を巡る周遊ルート「箱根ゴールデンコース」が完成し、箱根への輸送基盤が整った。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文645文字)

あわせて読みたい

注目の特集