TikTok期限延長せず 米政権、事業売却巡り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ロイター通信は4日、トランプ米政権が中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却期限を延長しないと報じた。同日が期限日だったが、米政府は売却を巡って運営する中国IT企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)と協議を続ける可能性があるという。ロイター通信は、米政府がどのように売却を迫るのかは不明だとしている。

 トランプ大統領は8月、利用者情報が中国政府に流出することを懸念しティックトックの米事業売却を命令した。売却期限は11月12日だったが、財務省が2度にわたり期限を延長していた。ロイターは、トランプ氏が追加の延長を承認しないことを独断で決めたと伝えている。財務省は売却完了に向けバイトダンスと連携しているとコメントした。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文500文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集