メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

国境超えた講義進む=京都大前学長・山極寿一さん

=木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの影響で、日本の大学はオンライン授業を取り入れた。今後、大学教育はどう変わるのか。京都大の山極寿一前学長に聞いた。【聞き手・柳澤一男】

 ――オンライン授業をどう評価していますか。

 ◆私自身は、大学などが講義の動画をインターネットで配信する「MOOC(ムーク)」で講義し、将来拡大できるという感触を得ていた。教員からはオンラインでやってよかったとの声もある。これまで大講義室ではなかなか学生から質問が来なかったが、オンラインではチャットなどできちんとした質問が来る。しかも出席率がとてもいい。また、障害を持った学生も授業に参加しやすくなった。

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです