特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 埋まる重症病床

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの「第3波」で、重症患者が急増している。専用の病床が各地で埋まりつつあり、適切な医療を提供できない「医療崩壊」が現実味を帯びてきた。

 「重症者が増えて、医療提供体制に負荷がかかっている。各地で新型コロナの診療と通常の医療の両立が困難になり始めている」。厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の脇田隆字座長(国立感染症研究所長)は3日の記者会見で、危機感をあらわにした。

 厚労省によると、全国の重症患者は5日現在で520人。11月3日の165人から1カ月間で3倍に増えた。今春の第1波のピーク(328人)や今夏の第2波のピーク(259人)を上回り、過去最多だ。背景には、第3波では重症化リスクの高い高齢者に感染が広がっていることがある。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文495文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集