特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2分離成功 カプセル、豪砂漠に着地へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 小惑星探査機「はやぶさ2」は5日午後2時半ごろ、地球から約22万キロ離れたところで、小惑星リュウグウで採取した試料入りのカプセルを本体から切り離すことに成功した。カプセルは6日午前3時前に、オーストラリア南部に着地する予定。探査機は約52億キロに及んだ地球と小惑星の往復を終え、新たに小惑星「1998KY26」に向かうための軌道に入った。

 カプセルには、探査機が弾丸を発射して砕いたリュウグウの岩石のかけらが0・1グラム以上入っているとみられている。着地地点となる豪州のウーメラ砂漠で待ち構える宇宙航空研究開発機構(JAXA)の回収チームが発見し、チャーター機で日本に空輸する。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文652文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集