特集

安保・外交

日米安保や外交問題についてのニュースを掲載します。

特集一覧

王毅外相に言われっぱなしは「共同記者発表」のせい? 尖閣巡り日中が火花

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同記者発表に臨む茂木外相(右)と中国の王毅国務委員兼外相=東京都港区の外務省飯倉公館で2020年11月24日午後7時31分(代表撮影)
共同記者発表に臨む茂木外相(右)と中国の王毅国務委員兼外相=東京都港区の外務省飯倉公館で2020年11月24日午後7時31分(代表撮影)

 中国の王毅国務委員兼外相が11月下旬に来日した際、沖縄県・尖閣諸島の領有権を一方的に主張したのに対し、共同記者発表で隣に並ぶ茂木敏充外相がその場で反論しなかったとして自民党内で批判が上がった。その後、茂木氏は両外相が発表で「1度ずつ発言するルール」だったため、その場でなく事後の会談で反論したと明かし、批判はいったん収束した。なぜ「共同記者発表」では反論できないのか、そして王氏の狙いとは。

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1585文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集