群馬・草津町議のリコール成立、即日失職 言動巡り「議会の品位」問われ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
草津温泉の湯畑=群馬県草津町で2018年2月10日、中村俊甫撮影
草津温泉の湯畑=群馬県草津町で2018年2月10日、中村俊甫撮影

 群馬県草津町議会の新井祥子町議(51)の言動を巡る解職請求(リコール)の賛否を問う住民投票は6日、投開票され、有効投票の過半数が解職に賛成しリコールが成立した。新井氏は即日失職した。投票53・66%、当日有権者数は5283人だった。

 新井氏を巡っては、昨年11月に発行された電子書籍の中で「町長室で町長と性的関係を持った」などと「告白」。新井氏は翌12月の町議会で「議会の品位を傷つけた」など…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集