中国の無人探査機、月の試料を格納 今月中旬に地球帰還へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 月の土壌などの試料を採取する「嫦娥5号」(新華社=共同)
 月の土壌などの試料を採取する「嫦娥5号」(新華社=共同)

 中国国営通信の新華社によると、中国の無人探査機「嫦娥5号」が6日、月面で採取した土壌などの試料を地球への帰還機に格納した。今月中旬に地球に戻る。月の試料の持ち帰りに成功すれば、米国と旧ソ連に次ぎ3カ国目、44年ぶりとなる。

 月面を3日に離陸した上昇機が、月の周りの軌道で待機していた帰還機と合体して…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集