福島・浪江でXマス用枝物出荷作業 震災から「一歩一歩進んでいけたら」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が2017年3月末に一部解除された福島県浪江町の小野田地区で、クリスマスの飾り付けなどに使われるコニファーやアカシアなど、枝物の栽培農家が出荷作業に追われている。18年春に町内で営農を再開した小野田浩宗さん(59)は「今年は新型コロナもあったけれど、手に取った人々が少しでもほっとする瞬間があれば」と話す。【寺町六花】

 小野田さんは現在、3・2ヘクタールの畑で、12品目22品種の枝物を育てている。生け花やブーケの材料として人気があり、東京の市場に週3回出荷する。今月3日には、クリスマスのリースなどに使われるコニファーやアカシアなど約1000本を収穫。「飾り付ける人を思い描きながら、作り上げていくのが楽しい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1059文字)

あわせて読みたい

注目の特集