メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国知って 日大芸術学部生が映画祭 「偏見ない視点で発信」 12日から渋谷

映画祭に向け議論する日大芸術学部の学生たち=東京都練馬区旭丘2の同大で

 日大芸術学部の学生が企画する映画祭「中国を知る」が、12日から東京都渋谷区円山町の映画館「ユーロスペース」で始まる。学生たちにとっては「近くて遠い国」だったという中国。「もっと知りたい、知ってほしい」という思いから、15作品を厳選した。【五十嵐朋子】

 映画ビジネスを学ぶゼミで、毎年異なるテーマで映画祭を企画し、今年で10回目。3年生14人がアイデアを出し合ってテーマを決め、映画館側にプレゼンして「興行として成立する」と了解を得た。

 これまで「朝鮮半島と私たち」「スポーツの光と影」といった社会派のテーマを取り上げてきた。今年「中国」を選んだのは、新型コロナウイルスや香港の学生デモのニュースなどで目にする機会が多かったことが理由の一つだ。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです