特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2が見た地球 JAXAが公開「最後に『行ってきます』と手を振り行った」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小惑星探査機「はやぶさ2」が地球の上空約8万キロから撮影した地球の画像。右上に南極が、上端に南米西岸が写っている=2020年12月6日午前6時半撮影(JAXAなど提供)
小惑星探査機「はやぶさ2」が地球の上空約8万キロから撮影した地球の画像。右上に南極が、上端に南米西岸が写っている=2020年12月6日午前6時半撮影(JAXAなど提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの試料が入ったカプセルを分離後、別の小惑星に向けて再出発した直後に撮影した地球の画像を公開した。はやぶさ2のカプセル回収を受けてJAXA宇宙科学研究所(相模原市)で開いた記者会見で明らかにした。

 公開されたのは、日本時間午前6時半に地球の上空約8万キロと、午前8時50分に同約12…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集