メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

発見!お宝 太田記念美術館/5 歌川国芳 木曽街道六十九次之内 守山 達磨大師 すするそばに江戸の笑い

1852年 太田記念美術館蔵

 橙(だいだい)色の袈裟(けさ)を着たひげ面の男性が、もりそばを食べている。この人物の正体は、達磨(だるま)大師。インドから中国へ渡り、禅宗を伝えた僧侶である。壁に向かって9年間も座禅を組み、悟りを開いたという「面壁(めんぺき)九年」の逸話で有名だ。江戸時代の庶民たちにはなじみのあるキャラクターで、浮世絵では、遊郭の花魁(おいらん)と一緒にいる姿がしばしば描かれている。

 この達磨、木曽街道の守山宿(現在の滋賀県守山市)にあるそば屋で食事中である。右側のせいろはすでに空っぽで、もう20人前近くは食べ終わったようだ。目の前に10人前のせいろが積まれているのに、さらに追加オーダー。そばを運ぶ店員も、「ぺろりと食べてしまいそうだなあ」と、達磨の大食漢ぶりに戸惑い気味の表情である。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです