メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

6月からの延期経て大阪公演 石川さゆり 閉塞感を今、歌い飛ばす

 「ああ、私は皆さんと会うことに渇いていたんだなあって」。歌手の石川さゆりが2021年1月、新型コロナウイルスの影響で当初予定の20年6月から延期されていた大阪公演をフェスティバルホール(大阪市北区)で開く。デビューから47年の日本歌謡界を代表する歌姫。ファンも待ちに待ったステージだ。

 長野県の八ケ岳高原音楽堂で9月、コンサートを約7カ月ぶりに開いた。「子どもの頃から歌うことは日常でしたが、こんなにもうれしく思えたのは初めてでした」と振り返る。

 新型コロナのため3月以降、公演の中止・延期が相次いだ。「歌や音楽を届けたい。今できることをしよう」とユーチューブの無料配信を5月にスタート。テレビの無観客収録も経験したが、歌い手と観客の間を行き来する熱量が感じられず、もどかしさを覚えた。「何たってライブが一番」との思いが募ったという。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです