メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地酒と「進撃の巨人」コラボ キャラ別に異なる味に 大田原の「大那」 /栃木

人気アニメ「進撃の巨人」とコラボした「大那 ビヨンド・ザ・ウォール」を手にする菊の里酒造の阿久津信社長=栃木県大田原市で

 大田原市の菊の里酒造が醸造する日本酒「大那」とアニメ「進撃の巨人」がコラボした「大那 ビヨンド・ザ・ウォール」が人気だ。第1弾は11月中旬の発売直後に、限定生産の3000本をほぼ完売。来年にかけて全4種を展開予定で、海外進出も計画する。菊の里酒造の阿久津信社長(45)は「飲まず嫌いだった層にも、日本酒の魅力が届けば」と期待を寄せている。

 進撃の巨人は、巨大な壁の中に住む人類と壁外の巨人との戦いを描いた漫画。2013年にアニメ化され、迫力ある作画などが話題になり大ヒットし、海外でも人気が高い。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです