メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

キーコーヒー/上 産地と共に文化の未来守る

昨年の「キーコーヒー アワード」で、トラジャ地方の農家をねぎらう柴田裕社長(左)=同社提供

 <since 1920>

 赤道直下のインドネシア・スラウェシ島は、アルファベットの「K」に似た姿をしていることで知られる。その真ん中に位置する標高800~1800メートルのトラジャ地方は、昼夜の寒暖差を生かしたコーヒー栽培が盛んだ。この山岳地帯で、コーヒーの木は、白い小さな花を咲かせ、真っ赤な実をつける。

 レギュラーコーヒー製造・販売大手「キーコーヒー」(東京都港区)はこの地に約530ヘクタールの直営「パダマラン農園」を持つ。地元の農家が育てたコーヒー豆と合わせ「トアルコ トラジャ」ブランドで1978年に発売。旗艦商品として手塩にかけて育ててきた。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです