新ニホンザル舎に7mのタワー 茨城・かみね動物園に完成 高い木を再現

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
放飼場内に建てられた高さ7メートルのタワー遊具。獣舎の1階がサルの寝室になっている=茨城県日立市かみね動物園で
放飼場内に建てられた高さ7メートルのタワー遊具。獣舎の1階がサルの寝室になっている=茨城県日立市かみね動物園で

 茨城県日立市かみね動物園の新ニホンザル舎(ニホンザルのひろば)の内覧会が6日あり、家族連れらがまだサルが入る前の獣舎や放飼場を興味深げに見て回った。オープンは10日。引っ越し作業のため、9日は臨時休園する。

 同動物園のニホンザルは現在97頭。これまでのサル山は1969年に造られたもので、老朽化が目立っていた。そこで、…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

あわせて読みたい

注目の特集