「リニア整備認めない」 静岡県知事が県議会で明言 環境への影響懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
川勝平太静岡県知事=県庁で2020年12月4日午後5時10分、山田英之撮影
川勝平太静岡県知事=県庁で2020年12月4日午後5時10分、山田英之撮影

 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、川勝平太静岡県知事は7日、県議会本会議で、「私はリニアに長く関わり、整備に賛成してきた。現在も推進すべきだとの考えに変わりない」とした一方、大井川の水や南アルプスの自然環境に悪影響を及ぼすならば、「認めることはできない」と明言した。【山田英之】

 リニアの必要性に対する考えをただした桜井勝郎県議(無所属)の一般質問に答えた。川勝知事は大井川の水を「流域市町の生活や経済活動に必要不可欠な命の水」、南アルプスを「ユネスコ(国連教育科学文化機関)のエコパークに登録されている世界に誇る貴重な自然環境」と表現。「議論や対話を不十分なままにしてリニアが必要か否か、あるいは許可を出すか出さないかというような単純な判断を拙速にしてはいけない。今、行うべき…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文878文字)

あわせて読みたい

注目の特集