プロ野球合同トライアウトで新庄劇場再び 「少しは勇気を与えられたのでは」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トライアウトへの参加後、取材に応じる新庄剛志さん=神宮球場で2020年12月7日
トライアウトへの参加後、取材に応じる新庄剛志さん=神宮球場で2020年12月7日

 プロ野球の阪神、日本ハムなどで活躍した新庄剛志さん(48)が7日、現役復帰に向けて一歩を踏み出した。神宮球場で行われた合同トライアウト(入団テスト)に参加し、打って守ってと各球団のスカウトにアピールした。今年は新型コロナウイルス感染防止のため無観客だったが、スタンドにボールを投げ込むファンサービスも披露。現役時代さながらの「新庄劇場」で再出発の場を盛り上げた。

 新庄さんは2006年に現役を引退したが昨秋、自らのネット交流サービス(SNS)で「みんな、夢はあるかい。1%の可能性があれば、必ずできる。みんなも何か挑戦しようぜ」とファンに呼びかける形で、現役復帰を宣言。14年のブランクを経て、日本ハムのユニホームをまとい、現役時代と同じ赤いリストバンドでグラウンドに帰ってきた。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1341文字)

あわせて読みたい

注目の特集