東日本大震災

「岬のマヨイガ」舞台化 震災テーマ 県内と東京で公演へ /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「岬のマヨイガ」の舞台化発表で記者会見する原作者の柏葉幸子さん(右)や、オンラインで参加した竹下景子さんら=盛岡市鉈屋町で
「岬のマヨイガ」の舞台化発表で記者会見する原作者の柏葉幸子さん(右)や、オンラインで参加した竹下景子さんら=盛岡市鉈屋町で

 東日本大震災をテーマにした盛岡市在住の児童文学作家、柏葉幸子さん(67)の小説「岬のマヨイガ」が舞台化されて来年2、3月に県内と東京で公演することが決まり、7日に同市で製作発表があった。

 「岬のマヨイガ」は震災で心に傷を負った人たちが集まり、岬の古民家「マヨイガ」で生きていこうとする物語。NPO法人「いわてアートサポートセンター」の坂田裕一理事長(67)が「多くの支援を頂き、…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集