東日本大震災

災害住宅、全て完成 8県計画分 ようやく一区切り /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮城県名取市の災害公営住宅=2月
宮城県名取市の災害公営住宅=2月

 岩手県は7日、盛岡市で整備されていた東日本大震災の被災者向け災害公営住宅「県営南青山アパート」(99戸)が完成したと発表した。これにより、東京電力福島第1原発事故の被災地に帰還する人たちなどに向けて順次整備していく住宅を除き、岩手、宮城、福島など8県で計画されていた2万9654戸全ての整備が完了し…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集