滋賀セブンの森 心込め、琵琶湖クリーン 釣り人ら100人ゴミ拾い 守山 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
波打ち際に打ち上げられたゴミを拾う参加者。缶やプラスチック容器が目立った=滋賀県守山市今浜の琵琶湖岸で、安部拓輝撮影
波打ち際に打ち上げられたゴミを拾う参加者。缶やプラスチック容器が目立った=滋賀県守山市今浜の琵琶湖岸で、安部拓輝撮影

 守山市の琵琶湖岸で11月29日、セブン-イレブン記念財団と市民団体による環境保全活動「第3回滋賀セブンの森」が開かれた。琵琶湖でブラックバスを釣る人たちや漁師、行政職員ら約100人が、波打ち際にたまったペットボトルやプラスチックの容器などを拾い集めた。

 バスフィッシングガイドをしている小島明久さん(大津市比叡辻2)は秋にボートで琵琶湖に出た時、ゴミが絡んで飛べずにもがく渡り鳥に出会うことがあるという。小島さんは「釣り針が口に刺さり、羽に糸が絡まって死…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集