朝鮮学校無償化除外問題 「植民地主義的な認識」 下京で講演、大阪産業大の藤永教授 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
朝鮮学校が高校無償化の対象外となっている問題について講演する藤永壯・大阪産業大教授=火曜アクションin京都提供
朝鮮学校が高校無償化の対象外となっている問題について講演する藤永壯・大阪産業大教授=火曜アクションin京都提供

 高校の授業料無償化制度が始まって10年となったことを受け、朝鮮学校が対象外となっている問題を考える学習会が、キャンパスプラザ京都(京都市下京区)で開かれた。大阪産業大の藤永壯(たけし)教授(朝鮮近現代史)が講演し、除外は違法とする学校側と国が争う裁判などについて解説した。

 授業料無償化は2010年4月、当時の民主党政権が導入した。後に所得制限が設けられたが、当初は公立高の授業料を徴収せず、私立高生には就学支援金を助成するもの。外国人学校も対象だが朝…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集