鳥インフル県内発生を想定 初動対応の防疫演習 石井 /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥インフルエンザ発生に備えた防疫演習で、鶏舎を想定したテントの中で泡殺鳥機を稼働させる参加者ら=徳島県石井町石井の県立農林水産総合技術支援センターで2020年12月7日午後1時50分、岩本桜撮影
鳥インフルエンザ発生に備えた防疫演習で、鶏舎を想定したテントの中で泡殺鳥機を稼働させる参加者ら=徳島県石井町石井の県立農林水産総合技術支援センターで2020年12月7日午後1時50分、岩本桜撮影

 香川県などで各地で鳥インフルエンザの発生が相次ぐ中、徳島県内で発生した際の初動対応を確認するため、県は7日、県立農林水産総合技術支援センター(石井町石井)で防疫演習を実施した。

 県職員約60人が参加し、石井町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの想定で作業は進められた。県職員は検温や血圧測定の健…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

注目の特集