ベネズエラ国会議員選 与党圧勝 野党ボイコット、棄権者続出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議員選で投票するマドゥロ大統領=カラカスで2020年12月6日(人民権力通信・情報省提供)
国会議員選で投票するマドゥロ大統領=カラカスで2020年12月6日(人民権力通信・情報省提供)

 南米ベネズエラの国会(1院制、定数277)議員選が6日、投票され即日開票の結果、独裁色の強い反米左派マドゥロ大統領の与党連合が圧勝した。ただし野党指導者のグアイド国会議長が率いる多数派の野党連合がボイコットして、棄権する有権者が続出。経済危機を深刻化させたマドゥロ政権への批判も根強く、しらけムードが漂う選挙となった。

 7日未明の選管発表によると、開票率82%時点で与党連合は68%を得票した。投票率は31%だった。次期国会議員の任期は2021年1月5日から5年。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1184文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集