メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン そっと背中押す歌を moumoon・YUKAさん

 「moumoon(ムームーン)」は、小児がん患者の子どもたち向けに歌う活動を続けている。そのきっかけは、この日のイベントでも披露した「にじ」の原曲を作った加藤旭さん(16歳で死去)との出会いだった。幼い頃から音楽が大好きだったという加藤さんは4歳で作曲を開始。13歳で脳腫瘍を発症したが、生涯で約500曲を生み出した。moumoonのYUKAさんに「にじ」や、「『小さなやすらぎ』の集い」に込めた思いを聞いた。

 ――加藤さんの曲を初めて聴いたのはいつですか。

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです