特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 固定資産税、据え置きへ 21年度、地価上昇地点のみ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府・与党は2021年度税制改正で、評価の見直しによって固定資産税の税額が上昇する土地について、21年度は税額を据え置く方針を固めた。対象は商業地に住宅地と農地を加えた全ての土地。新型コロナウイルスの影響を踏まえ、企業や家計の負担を軽くする狙いがある。

 市町村が徴収する固定資産税は3年に1度、課税基準となる評価額が見直される。21年度からは、景気回復や外国人観光客の増加で地価が上昇基調にあった20年1月1日時点の公示地価に基づき算定される。しかし、その後にコロナ禍が深刻化して、経済状況が急速に悪化。足元の地価は下降に転じており、1月1日時点の地価を基準にすることに反発が起きていた。

 このため、土地の評価額が上昇した商業地、住宅地、農地について、21年度の固定資産税を20年度分と同額に据え置く。評価額が下がった土地は通常通り税額を下げる。22年度以降の扱いについては、1年後の税制改正で議論する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文746文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集