特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

まさか自分が… コロナ感染から復帰の町長が伝えたいこと 北海道・平取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
町長室で執務を再開した遠藤町長=北海道平取町役場で2020年12月7日、平山公崇撮影
町長室で執務を再開した遠藤町長=北海道平取町役場で2020年12月7日、平山公崇撮影

 新型コロナウイルスに感染し、療養していた北海道平取町の遠藤桂一町長(62)が7日、公務復帰に際し、毎日新聞の取材に応じた。遠藤町長は感染防止を徹底していたといい、陽性と聞いたときは「まさか」と思ったという。

 遠藤町長は11月18日に公用車で札幌に出張。その後、運転手の感染が確認されたためPCR検査を受けたところ、同30日に陽性と診断された。道内の首長の感染は初めてだった。同居している妻(62)も陽性だった。

 症状は軽かったが、不整脈の持病があったため大事をとって12月1日から日高管内の指定医療機関に入院。3日に退院し、自宅で療養していた。この間、観光や農業など政策に関わる本を読んでいたという。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文530文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集