特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

露店中止、車内やリモートで祈とう…コロナ禍の初詣スタイル 各地で試行錯誤

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
正月用として、すでに授与されているえとにちなんだ縁起物=奈良市の春日大社で2020年12月3日、望月亮一撮影
正月用として、すでに授与されているえとにちなんだ縁起物=奈良市の春日大社で2020年12月3日、望月亮一撮影

 新年の初詣シーズンに向け、各地の神社仏閣が「新型コロナウイルス禍による新しい参拝の形」を生み出そうとしている。「分散参拝」を促すため12月から縁起物を授与したり、「幸先詣(さいさきもうで)」と称して年内の参拝を提案したりと知恵を絞る。オンラインやSNS(ネット交流サービス)を活用した参拝やお守りの授与を模索する動きもあるが、思わぬ壁もあって試行錯誤が続く。新しい参拝スタイルは世間に受け入れられるだろうか。

この記事は有料記事です。

残り3044文字(全文3249文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集