メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頑張れ!全国高校駅伝 オリジナル「キットカット」を作成 パッケージに号外

「頑張れ!全国高校駅伝」と見出しが付けられた毎日新聞号外がパッケージに印刷された「キットカット」=東京都千代田区で2020年12月8日、曽根田和久撮影

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が12月20日に京都市で開催されるのに合わせ、毎日新聞社はネスレ日本(本社・神戸市)と協力し、大会出場決定を伝える号外が印刷されたチョコレート菓子「キットカット」を出場選手に届ける。

 高校生ランナーが冬の都大路を駆け抜ける同大会は、沿道から送られる声援とともに年の瀬の古都を彩る風物詩になっている。しかし、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、沿道での応援は自粛が呼びかけられており、出場校関係者の現地入りも制限がある。そこで、選手たちと応援する人々をつなぐコミュニケーションに活用してもらおうと企画された。

 キットカットは「きっと勝つ」との語呂合わせで、受験生のお守りなどとしても親しまれている。選手の手元に届けられるキットカットは、男女別にすべての出場校名を記載。選手たちが出場までの道のりを支えてくれた人などへ感謝の気持ちを伝えられるようメッセージ欄も設けた。

 大会は、京都市のたけびしスタジアム京都が発着点。女子は午前10時20分、男子は午後0時半にそれぞれ号砲の予定となっている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです