毎日リリース

毎日新聞取材班の新刊『SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか』 デジタル毎日で期間限定公開(2020/12/8)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)は、毎日新聞の連載「匿名の刃」を書籍化した、毎日新聞出版発行の『SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか』を12月8日から「デジタル毎日」( https://mainichi.jp/ )で期間限定で公開しています。

 『SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか』は、毎日新聞東京本社編集編成局統合デジタル取材センターの記者5名による取材班が執筆を担当。SNS上で誹謗中傷を受けた女子プロレスラーの木村花さんの死をきっかけに取材を開始した取材班は、ネット炎上の事例や加害者を含む当事者たちへの取材、各界の識者の談話を通じて、SNS上の誹謗中傷の実態やその背景を明らかにします。 

12月8日から公開される第1章はどなたでも無料でお読みいただけます。第2~6章はデジタル毎日「有料会員」限定での公開です。

SNS暴力~なぜ人は匿名の刃をふるうのか 

https://mainichi.jp/snsboryoku/

昨年出た『シンクタンクとは何か』(中公新書)は、シンクタンクを基軸にしたジャーナリズムの展開について考えるためにも、必読の良書。シンクタンクに対する認識も一変する。
昨年出た『シンクタンクとは何か』(中公新書)は、シンクタンクを基軸にしたジャーナリズムの展開について考えるためにも、必読の良書。シンクタンクに対する認識も一変する。

※「有料会員」はスタンダードプラン会員、プレミアムプラン会員、宅配購読者無料会員、宅配購読者プレミアム会員です。

【デジタル毎日 冬得キャンペーン】

https://mainichi.jp/pr/digital/fuyutoku2020/

デジタル毎日では2021年1月14日(木)まで「スタンダードプラン」を、最初の2カ月間、月額100円(税別)で利用できる「冬得キャンペーン」を実施中。月額料金が通常初回100円(税別)、2カ月目から980円(税別)のところ、2カ月目も100円(税別)で提供しています。

拡大

■ネット上の誹謗・中傷の現状を徹底取材!

書籍『SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか』

2020年5月、SNS上で誹謗中傷を受けた末、女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった。ネット上で、SNSによる暴力が過激化。匿名になることで、言葉が凶器へと変わり、容赦なく人の心を切りつける。果たして加害者はどんな人物で、動機は何なのか。背景には、社会の構造的な問題があるのだろうか。記者が徹底的な取材で掘り下げる。一方、被害の深刻化、多様化が進み、いつ誰が被害者になってもおかしくない。被害に遭ったらどう対処すべきなのか。そして今、何が議論されるべきなのか。ネットの功罪を検証し、SNSの未来を探る。

【書誌情報】

著者毎日新聞取材班

発売日2020年9月19日

ISBN:978-4-620-32647-4

定価:本体1,300円(税別)

判型:新書サイズ

頁数:232頁ジャンル:社会・政治・歴史

https://mainichibooks.com/books/social/sns.html

■本件に関するお問い合わせ先

毎日新聞社デジタルメディア局

あわせて読みたい

注目の特集