連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

感覚をまひさせた責任=与良正男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 こんな事態になるのを恐れて、政権に近い人物を検事総長に据えようとしたのではないか。そう疑うのは私だけではないはずだ。

 安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭をめぐり、東京地検特捜部が安倍氏本人に事情聴取を要請した。

 安倍氏側は前夜祭の費用を補塡(ほてん)した事実を認める一方、安倍氏自身はそれを知らなかったと説明している。このため秘書だけが略式起訴されて捜査は終結する可能性があるという。

 そこで忘れてはならない話がある。今年1月末、安倍前内閣が当時、東京高検検事長だった黒川弘務氏の定年延長を決めたことだ。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文917文字)

あわせて読みたい

注目の特集