メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核のごみ・考えるヒント

撤退権、ルール明確化を 寿楽浩太氏 東京電機大教授(科学技術社会学) /北海道

東京電機大工学部・寿楽浩太教授(科学技術社会学)

 原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、第1段階の「文献調査」が寿都町と神恵内村で始まったことを受け、専門家らの論考をヒントに「核のごみ」を巡る問題を考えるインタビュー連載「核のごみ 考えるヒント」を始めます。初回は経済産業省の放射性廃棄物ワーキンググループ(WG)メンバーで、最終処分場の問題に詳しい東京電機大の寿楽浩太教授に聞きました。

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文1766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです