連載

コロナが変えたCAへの道

新型コロナウイルスの感染拡大は、客室乗務員を目指す学生の進路に大きな影響を与えている。学生たちの思いを追った。

連載一覧

コロナが変えたCAへの道

/上 入学、1年早ければ… 航空会社、採用大幅減 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
客室乗務員を志望していた2年生の女子大学生(手前)。小川弓美子助教と何度も相談した=千葉県市川市で2020年11月19日、中村宰和撮影
客室乗務員を志望していた2年生の女子大学生(手前)。小川弓美子助教と何度も相談した=千葉県市川市で2020年11月19日、中村宰和撮影

女子学生「努力してもチャンスすらない」

 「採用活動を中止します」。7月、航空会社から届いたメールを読み、昭和学院短大(市川市)に通う2年生の女子学生は泣いた。夢見た客室乗務員(CA)への道が閉ざされた。大きなショックを受け、頭の中が真っ白になり、何度も泣いた。「もう1年早く入学していれば良かった。あんなに努力したのに試験を受けるチャンスすらなかった」と無念の思いは消えない。【中村宰和】

 新型コロナウイルスの影響で航空旅客が激減し、業績の落ち込む全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は「事業計画の策定が困難」などとして、2021年春入社の新卒採用を大幅に減らし、CAの採用をゼロにした。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1287文字)

あわせて読みたい

注目の特集