連載

講談師・鱗林のぐるぐるりんりん

毎日新聞デジタルの「講談師・鱗林のぐるぐるりんりん」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

講談師・鱗林のぐるぐるりんりん

義士伝 名古屋に四十七士の墓 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
挿絵 登龍亭獅篭(落語家)
挿絵 登龍亭獅篭(落語家)

 講談の世界で12月は「義士月」と呼ばれます。元禄15(1702)年12月14日に赤穂義士が主人、浅野内匠頭(たくみのかみ)長矩(ながのり)の無念をはらすため、吉良上野介(こうずけのすけ)の屋敷に討ち入りしたことに由来します。「忠臣蔵」として有名ですが、講談では「義士伝」と言います。そこで本欄でも義士のお話を!と思いながらも、実は迷っておりました。

 何しろ愛知県で忠臣蔵の話をするのは気を遣う……。だって、義士伝での吉良上野介はヒール役ですが、地元の愛知県吉良町(現西尾市)では名君でございます。菩提(ぼだい)寺の石碑に記された長文は『ここに吉良公遺徳の一端を述べ、世の誤解を解き、霊の安らかならん事を心から希(こいねが)うものである』と結ばれているのです。

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1906文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集