特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「お父さんに今も一生懸命頑張っているよと伝えたい」 災害で親を亡くした子らの思い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
基礎部分だけが残る住宅街の中、子供たちが傘をさして歩いていた=岩手県宮古市で2011年6月27日午後3時47分、小川昌宏撮影
基礎部分だけが残る住宅街の中、子供たちが傘をさして歩いていた=岩手県宮古市で2011年6月27日午後3時47分、小川昌宏撮影

 東日本大震災で親を亡くした子とその保護者に対し、毎日新聞は10月、アンケート調査をした。「天国にいる父に名前が届くよう努力したい」「夢であってほしいと何度も思った」――。寄せられた回答には、さまざまな思いが込められていた。

 震災について振り返ること、亡くなった家族のことを文字にすることは今でもとてもつらいです。自身の経験から感じた言葉の力(良いものも悪いものも)を忘れず社会のためにできることを見つけたいと思っています。

 父と祖母を亡くした女性(宮城県・大学生・36歳)

この記事は有料記事です。

残り4713文字(全文4950文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集