防衛大いじめ 元学生逆転勝訴 国に268万円賠償命令 福岡高裁判決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国の責任を認めた福岡高裁判決を伝える弁護団=福岡市中央区で2020年12月9日午後3時37分、津村豊和撮影
国の責任を認めた福岡高裁判決を伝える弁護団=福岡市中央区で2020年12月9日午後3時37分、津村豊和撮影

 防衛大学校(神奈川県横須賀市)で上級生らに暴行や嫌がらせを受けたとして、福岡県内に住む元学生の20代男性が、防衛大を設置する国に約2300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が9日、福岡高裁であった。増田稔裁判長は、元学生の請求を棄却した1審・福岡地裁判決(2019年10月)を変更し、国に約268万円の支払いを命じた。

 原告側弁護士によると、防衛大でのいじめで国の安全配慮義務違反を認めた判決は全国初とみられる。

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1393文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集