第37回織田作之助賞は温又柔さんの「魯肉飯のさえずり」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
温又柔「魯肉飯のさえずり」(中央公論新社)
温又柔「魯肉飯のさえずり」(中央公論新社)

  第37回織田作之助賞の選考会が9日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、温又柔(おんゆうじゅう)さん(40)の「魯肉飯(ロバプン)のさえずり」(中央公論新社)が選ばれた。同作は日本人と結婚して台湾から移住した母とその娘の物語。時間を行き来しながら娘と母の視点で交互に語られ、結婚や家族、幸せをめぐる「ふつう」を問いかける。

 記者会見で、選考委員の作家、高村薫さんは授賞理由について「母子の普遍的な緊張関係や葛藤をいろんなエピソードで非常にうまく描いている。(候補作の中で)一番地味で平凡な物語だが、人間の感情の流れで一つの世界をつくりあげた、小説らしい小説」と話した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文750文字)

あわせて読みたい

注目の特集