メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第37回織田作之助賞は温又柔さんの「魯肉飯のさえずり」

温又柔「魯肉飯のさえずり」(中央公論新社)

  第37回織田作之助賞の選考会が9日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、温又柔(おんゆうじゅう)さん(40)の「魯肉飯(ロバプン)のさえずり」(中央公論新社)が選ばれた。同作は日本人と結婚して台湾から移住した母とその娘の物語。時間を行き来しながら娘と母の視点で交互に語られ、結婚や家族、幸せをめぐる「ふつう」を問いかける。

 記者会見で、選考委員の作家、高村薫さんは授賞理由について「母子の普遍的な緊張関係や葛藤をいろんなエピソードで非常にうまく描いている。(候補作の中で)一番地味で平凡な物語だが、人間の感情の流れで一つの世界をつくりあげた、小説らしい小説」と話した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです