一龍斎貞水さん死去、81歳 人間国宝、講談界の大看板

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
講談師の一龍斎貞水さん=東京都千代田区で2019年8月20日午後5時40分、宮本明登撮影
講談師の一龍斎貞水さん=東京都千代田区で2019年8月20日午後5時40分、宮本明登撮影

 怪談などを得意にした、講談界の大看板で人間国宝の一龍斎貞水(いちりゅうさい・ていすい<本名・浅野清太郎=あさの・せいたろう>)さんが3日、肺がんのため死去した。81歳。葬儀は近親者や一門の関係者で営んだ。後日、しのぶ会を開く。喪主は長男丈太郎(じょうたろう)さん。

 東京・湯島生まれ。1955年、都立城北高入学と同時に、五代目一龍斎貞丈に入門。同年5月、貞春を名乗り、上野の本牧亭で初舞台。66年、真打ちに昇進し六代目貞水を襲名した。

 活動は多岐にわたり、特殊効果を駆使した「立体怪談」は高く評価され、「怪談の貞水」と呼ばれるようになった。講談師として初の全編読み切り「四谷怪談」(全5巻)、「赤穂義士本伝」(全15巻)をCD化。2005年には講談界初の欧州ツアーを行った。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文565文字)

あわせて読みたい

注目の特集