東大医学部はなぜだめなのか? 出身医師が読み解くノーベル賞が出ない旧態依然

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える和田秀樹医師=東京都文京区で2020年11月20日、内藤絵美撮影
インタビューに答える和田秀樹医師=東京都文京区で2020年11月20日、内藤絵美撮影

 あと1カ月余りで大学受験シーズンが到来する。なかでも最難関の「東京大医学部」はレベルが高く、多くの受験生にとってなかなか手の届かない存在だ。ところが、受験アドバイザーとしても活躍する精神科医の和田秀樹医師(60)は「旧態依然とした東大医学部は学生をだめにする組織だ」と手厳しい。なぜなのか。同学部出身でもある和田氏にそのわけを聞いてみると。【くらし医療部・石田奈津子】

この記事は有料記事です。

残り2872文字(全文3058文字)

あわせて読みたい

注目の特集