特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

シンデレラガール復活へ 競泳・渡部香生子、東京オリンピック会場でつかんだ自信

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子200メートル平泳ぎ決勝を制した渡部香生子(手前)。奥は2位の清水咲子=東京アクアティクスセンターで2020年12月6日、宮間俊樹撮影
女子200メートル平泳ぎ決勝を制した渡部香生子(手前)。奥は2位の清水咲子=東京アクアティクスセンターで2020年12月6日、宮間俊樹撮影

 優勝インタビューは喜びに満ちていた。東京オリンピックの会場となる東京アクアティクスセンターで開催された競泳の日本選手権(12月3~6日)。女子平泳ぎの渡部香生子(JSS)が200メートルと100メートルで優勝し、5年ぶりの2冠に輝いたのだ。「東京五輪への不安もありましたが、結果で自信がつきました。すごくうれしいです」。かつての世界女王に笑みが戻った。

 両種目を通じてストローク(腕のかき)が大きく、泳ぎに伸びがあった。3日の100メートルは、前半の0・5秒近い差を逆転して1分6秒78。6日の200メートルは序盤から差を広げ、2位を2秒近く引き離す2分23秒15で制した。いずれも東京五輪の派遣標準を上回る好記録だった。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文875文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集