特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

「グッとくる若手」の台頭待ち望む 競泳背泳ぎ第一人者・入江陵介の思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートル背泳ぎ決勝を制し笑顔の入江陵介=東京アクアティクスセンターで2020年12月6日、宮間俊樹撮影
男子200メートル背泳ぎ決勝を制し笑顔の入江陵介=東京アクアティクスセンターで2020年12月6日、宮間俊樹撮影

 第一人者は若手の台頭を心から待ち望んでいる。競泳男子背泳ぎで五輪3大会出場の入江陵介(30)=イトマン東進。16歳で日本代表入りし世界と渡り合ってきたが、国内では長くライバル不在の状況が続く。「グッとくるような高校、大学生が出てこない限りはダメだと思います」。日本男子背泳ぎの厳しい現状が背景にある。

 額に乗せたペットボトルを落とさず泳ぐ。その美しいフォームは今も健在だ。東京オリンピック会場となる東京アクアティクスセンターで開催された日本選手権(12月3~6日)。最終日の200メートル背泳ぎを制し、危なげなく100メートルとの2冠を達成したレース後、「200メートルは来年で一区切りにしようと考えています」と胸の内を明かした。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1030文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集