特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・あしたの日本へ

元農相、弁護士 山田正彦さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山田正彦氏
山田正彦氏

種子の問題から日本の食の未来を考える

元農相で弁護士の山田正彦さん(78)が自らプロデューサーを務めた映画「タネは誰のもの」(原村政樹監督)がこの秋、公開された。主要農産物の優良な種子を安定的に供給するための種子法が一昨年に廃止。さらに、特定の品種について種子や苗の自家増殖(自家採種)を制限する種苗法改正の問題が浮上し、日本の食の行く末を農業の現場から探ったドキュメンタリーだ。「多くの人々に自家採種、育種の現場を伝え、種子をはじめ、日本の食、農業の問題について考えてもらいたかった」と山田さんは言う。(聞き手 本誌・明珍美紀)

 --今秋の臨時国会で種苗法の改正案が可決、成立しました。農林水産省によると、政府の改正案は、米の「つや姫」、ブドウの「シャインマスカット」、イチゴの「あまおう」など特定の「登録品種」について海外への流出防止を図るのが目的で、品種開発者の権利を守るため自家採種に関しては許諾制の導入を盛り込みました。問題点はどこにあるのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り2365文字(全文2795文字)

あわせて読みたい

注目の特集