特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ がん治療4人に1人変更 「感染不安」、「経済的困窮」 支援団体調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染拡大で、がんの治療や検査への影響が顕在化している。患者支援に取り組む一般社団法人「CSRプロジェクト」(桜井なおみ代表理事)の調査では、治療中の4人に1人が治療内容や予定を変更していた。桜井さんは「感染への不安による受診抑制に加え、経済的困窮で治療を控える人が相当数出てくる恐れもある」と指摘する。

 東京都内の会社員男性(48)は現在、定期的に入院して抗がん剤治療を続けている。だが、治療を受けている病院がコロナ患者用の病床を増やした影響で、12月は入院が予定より11日、1月も1週間遅れるという。男性は「この先きちんと治療が続けられるのか。入院が先延ばしになると、がんが進行してしまうのではないかと怖い」と打ち明ける。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文885文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集