メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

「節薬バッグ」全国に 飲み忘れと医療費を改善

配布した節薬バッグを持つ福岡市薬剤師会の木原太郎副会長=同会提供

 「医療機関で処方された薬を家に残していませんか」と問われて、心当たりのない人はめったにいない。自分が飲み忘れたのがいけないと思い、病院や薬局で言い出すのは気が引ける。だが、残薬は医療費の無駄になるだけでなく、医師の治療の選択にも影響を及ぼしかねない。そんな現状に「では、どうすれば飲めるのか一緒に考えましょう」とかかりつけ薬剤師が相談に乗る「節薬バッグ運動」が全国に広がりを見せている。

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです