連載

詩歌の森へ

文芸ジャーナリスト・酒井佐忠さんの「詩」に関するコラム。

連載一覧

詩歌の森へ

限界に挑む歌人の苦闘=酒井佐忠

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 戦後75年の最後を飾るにふさわしい力作の歌論書が出た。短歌研究では第一人者の歌人、篠弘の大著『戦争と歌人たち ここにも抵抗があった』(本阿弥書店)である。戦争に明け暮れた「昭和10年代」に少年期を過ごした著者の思いがにじむ著作。言論統制が強化され、厭戦(えんせん)が感じられる表現さえ許されなかった時代に、苦しみつつ表現の限界に向かった歌人の苦闘を、実際の作品検証から描いた一書。約9年かけての労作である。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1242文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集