メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

限界に挑む歌人の苦闘=酒井佐忠

 戦後75年の最後を飾るにふさわしい力作の歌論書が出た。短歌研究では第一人者の歌人、篠弘の大著『戦争と歌人たち ここにも抵抗があった』(本阿弥書店)である。戦争に明け暮れた「昭和10年代」に少年期を過ごした著者の思いがにじむ著作。言論統制が強化され、厭戦(えんせん)が感じられる表現さえ許されなかった時代に、苦しみつつ表現の限界に向かった歌人の苦闘を、実際の作品検証から描いた一書。約9年かけての労作である。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです