Gマーク、県初の金賞 近江八幡・みいちゃんのお菓子工房 街のシンボルとなるようデザイン /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
金賞受賞の「みいちゃんのお菓子工房」=アルツデザインオフィス提供
金賞受賞の「みいちゃんのお菓子工房」=アルツデザインオフィス提供

 極度の不安障害「場面緘黙(ばめんかんもく)症」の杉之原みずきさん(13)=近江八幡市=がパティシエ兼店長を務めて人気の「みいちゃんのお菓子工房」(同市上田町)が2020年度のグッドデザイン賞(日本デザイン振興会主催)の金賞に選ばれた。金賞受賞は県内では初めてで、関係者は受賞を喜んでいる。

 グッドデザイン賞は「Gマーク」で知られる、日本を代表するデザインの評価制度。今年は4769件が審査対象で、1395件がグッドデザイン賞を受賞した。この中から大賞1件、金賞19件が選ばれた。

 みいちゃんのお菓子工房は建築設計事務所「アルツデザインオフィス」(栗東市北中小路)が設計。工房と販売エリアは合わせて17平方メートルのコンパクトな木造平屋建て。同設計事務所代表の水本純央さん(43)は「外観は目の引くとんがり屋根で、可愛さを加え、集客の手助けになるよう、街のシンボル的なデザインとした」と語る。「みいちゃんや家族に夢や希望が与えられるきっかけになればと引き受けた。金賞受賞は本当に驚…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文716文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集